世界中に大人気なウクライナ製小型飛行機 | Join Japan

ニュース

世界中に大人気なウクライナ製小型飛行機

「アエロプラクト」は小型二席飛行機の企画・製造・販売を行っている。現在は小型飛行機製造社のTOP3に入っており、韓国や台湾等、世界中の40ヵ国に輸出をしている。

歴史

アエロプラクトの始まりは1978年に遡る。当時、サマラにてハルキウ出身ワシール・ミロシニクが航空クラブを設立した。そこで製造ではなく、主に展覧会や航空クラブ会が行っていた。そのクラブの参加者の一人はユリー・ヤコウレウであった。

アエロプラクトのチーフデザインエンジニアのユリー・ヤコウレウは子供時代から飛行機に興味を持ち、17歳になった時、サマラ国立航空大学に入学したことで、飛行機の世界に入った。三年生の時、自分の飛行機の製造を試みた。それで、1984-85年にソ連で初めてのジョイスティック制御システムの「アエロプラクト8号」小型飛行機ができた。

1985年にヤコウレウがキーウに引越ししてアントノウ社に勤め始めた。それと同時に、アエロプラクトのキーウ支店を開いた。昼にアントノウ社に大型飛行機を企画し、夜にアエロプラクトに小型飛行機を企画していた。1991年にヤコウレウはアントノウ社を辞め、3百万ルーブルの投資を貰い、いくつかのモデルの飛行機を製造し、ハンガリーに売ったという初めての企業の経験だった。

1995年にUAEの市場に進出した。UAEから貰った投資で新しい製造所を買い、整備もアメリカ製に改新した。

サマラのアエロプラクトが奇数のモデルを、キーウは偶数のモデルを製造していた。現在はサマラのアエロプラクトもう閉めたが、キーウは偶数の呼び名の伝統を続いている。

信頼性が高く、安定かつ節約的な飛行機

小型飛行機の販売した数にアエロプラクトは世界で二位となった。「アエロプラクト22号」が一番人気モデルで、アメリカからニュージーランドやフィジーにかけて849台が売られた。ヤコウレウは製造をできるだけ効率よくと節約的にしたいだ。この二つの原則を材料(全体金属)にも構造にも影響を及ぼして、アエロプラクトの飛行機は信頼性が高く、安定かつ節約的だ。ライバル会社の飛行機が€10万から値段付けていることに対して、アエロプラクトの飛行機は€4,5万からになっている。

金属は折れる前に力を吸収し、事故の際に乗員の安全性を高まる。そして、金属は、コンポジットと違って、紫外線、高温、その他の天候の影響によって引き起こされる構造変化の影響を受けない。アエロプラクトが製造に使っている金属は航空用アルミニウムのみだ。それに、離陸距離も着陸距離も短いことおかげで、滑走路が短くても使えるのだ。

一番人気のモデルであるA22号が小型飛行機のなかで一番広いキャビンを持っている。三人の人が余裕のある程のスペースがあり、荷物を運ぶのに役に立つ。

また、アエロプラクトの小型飛行機はアメリカ、ドイツ、チェコ、スペイン、イギリスの証明証を持っている。

飛行クラブ活動

また、アエロプラクトがナリワイキウカ村に飛行所を持っている。その飛行場は新しい飛行機をテストするために使用されていると同時に、飛行クラブの活動を行うところになっている。クラブでは操縦士の免許を持っている人なら誰でも、飛行機に乗ることができるとアエロプラクトの創立者が言った。