Ja Uslugi Conference Organization

現地レポート、カンファレンスの開催

現地レポート、カンファレンスの開催

海外進出において、現地のことを正しく知ることが大切です。正しく知っておかないと、下記のような状況にも陥りかねません。

  • 他社より早く、外国とのビジネスをスタートしたが、売上が伸びず、撤退するしかない状態まで追い込まれている。
  • 日本や世界の有望なビジネスパートナーに出会ってきたが、結局ビジネス(取引)につながっていない(つながりそうでつながらない)
  • 外国とビジネスをスタートしたが、数年経っても取引先が増えていかない

そのような悩みを抱えている会社を1つ1つ救い、逆転V字回復に向けたコンサルティングを行っている中で、外国とのビジネスがうまく進んでない会社の「ある特徴」が見えてきます。

①日本国内や世界各国のEXPOやカンファレンスに参加し、そこで出会った人達とたくさん話をし、高い評価も得て、需要があると判断し、国外進出を決めた

②複数の企業と一緒に団体で現地(日本や世界各国)を視察して、有望な取引先と巡り会えた

です。

一見、①も②もとても良いことのように思えますが、実は、①と②がセットになっている会社の多くは、外国とのビジネスで失敗している傾向があります。

正確に言うと、最初は好調なスタートをきるものの、その先が長く続かないという状況に陥ってしまっています。

さて、なぜでしょう?

結論を言うと、それらの会社は、

『団体行動に頼りきっていたから』

です。

団体ツアーと同じように、誰かが手配した団体行動に参加することはとても楽で便利ですが、それだと、肝心な『開拓力』は養われていません。敷かれたレールの上で情報を見て選んでいるだけになってしまっているかもしれません。そのレールには、その分野、そのビジネスに興味がある人しかいないかもしれません。すごく偏りのある情報しか入ってきてない可能性もあります。

外国で長くビジネスを成長させていくためには、学園祭のノリで団体イベントに参加するだけではダメであり、1〜3名で現地を徹底的に視察、検証、交渉すべきです。

弊社の場合、現地レポート(≒現地の調査)は、できる限り我々とクライアントとで一緒に行うことを推奨しています。そのほうが、我々の強みである調査力や交渉力と、クライアントの強みである専門性との両者を活かしながら進めることができるためです。

また、現地でカンファレンス(展示会など)に参加する場合、何百社も集まる大型のカンファレンスに参加するよりも、自ら自社専用のカンファレンスを開催したほうが、インパクトもビジネスへの繋がりやすさも、そして開拓力も、圧倒的に向上するのは間違いありません。

現地のことを正しく知りながら、計画をたてていきましょう。

詳細はお問い合わせください
名前
メールアドレス *
電話番号 *
メッセージ *