ビル・ゲイツ、6億4400万ドルのヨットを発注!水素燃料電池で環境に優しい | Join Japan

ニュース

ビル・ゲイツ、6億4400万ドルのヨットを発注!水素燃料電池で環境に優しい

最近インターネットでは、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏が環境に配慮した水素燃料電池システムで航行する世界初のスーパーヨット、Aquaを発注したという噂が広まりました。値段は約6億4400万ドル (約707億円)です。詳しくはJoinJapanがご案内致します。

環境に優しいスーパーヨットの特徴とは?

Aquaは、全長約113mの巨大な船です。5つのデッキがあり、14人のゲストと31人の乗組員が乗り込めます。同プロジェクトは2019年のモナコのヨットショーで公開され、プールやヘリポート、スパやジムなどが揃っています。

真空断熱の2本のタンクには液体水素28トンが入っており、-253°Cまで冷却された水素と酸素の化合により、発電容量1MWの2つのエンジン向けにエネルギーが生産されます。排出されるのは水だけ!スーパーエコですね。

同ヨットの最高速度はなんと約32km/hです!そのうえ、約6035kmを燃料補給なしで航行できますので、長距離クルージングは問題なし!

ゲストは、自然光を浴びながら、パノラマ窓から絶景を楽しめます。ゲストキャビンのインテリアは、和風でミニマリスティック、ゲストへの思いやりと開放感を意識した快適で豪華さがウリです。ヨットの軸上にはヨットの所有者の寝室があり、ヨット全体を見渡せます。

スパには、ハイドロマッサージルームやヨガスタジオ、海景色を楽しめるトレーニングルームなどが備わっています。

ヨットの真ん中には、上甲板と下甲板を繋げる螺旋階段があります。下甲板にある
大きなガラスのファサード越に液体水素入りの2本の大型タンクが見えます。

ゲイツ氏は、環境保護活動に積極的に取り組んでおり、代替燃料や排出量削減技術などに強い興味を持っています。また、太陽エネルギーを燃料に変換する技術開発に集中するHeliogenというアメリカのスタートアップにも投資したそうです。

これに先立ち、ビル・ゲイツ氏は、Sinot Yacht Architecture&Design社のAquaが気に入ったため、6億4400万ドルのヨットを発注したと報告されています。

ではでは、スーパーヨットを実際に見たい方、以下のリンクをご覧ください!JoinJapanのチームがこのヨットを見た瞬間、感動のあまりに息が止まってしまいました。宇宙船のように見えます!

https://www.youtube.com/watch?v=fCoU617GJG8&feature=emb_logo

先端技術が大好きなJoinJapanはこのように環境に配慮したプロジェクトがこれから
もどんどん登場すると期待しています。

弊社のスローガンは、『グローバルな投資先、ビジネスチャンスの発見ならJoinJapan』ですから、皆さんに常に最新で新鮮で正確な情報をお伝えしなければなりなせん。すぐご相談ください!