Forbesによる2019年のトップ100企業 ~世界で収益額が最も高い企業~ | Join Japan

ニュース

Forbesによる2019年のトップ100企業 ~世界で収益額が最も高い企業~

Forbesによる2019年のトップ100企業 ~世界で収益額が最も高い企業~

フォーブスは、世界有数のビジネス誌です。この雑誌は、ビジネス業界における調査の実施や客観的な状況分析、ランキングやリストなどの掲載により世界的に認められています。 今日は、2019年、世界で収益額が最も高い企業トップ100をご紹介します!

トップ10に入っている企業は?

第一位は、9回連続で相変わらず米国のApple社です。同社の収益額は約2,055億ドルです。

ブランド価値は前年比12%増です。

Forbesの発表を確認したところ、Appleは、顧客が全ての製品を使うようにうまくマーケティングしています。このように、Macの利用者はiPodを使用し始めた後、iPhoneや iPad、Apple Watchなども積極的に利用し始めました。 同社の利用者は、Appleというブランドの全品が非常に高質で贅沢な商品だと深く信じています。そうした信頼により、Appleは世界的に収益が最も高い企業となりました。

第二位は、Googleです。一年に同社の収益額は27%上昇し、1,677億ドルとなりました。
第三位は、Microsoftです。収益額は20%上昇し、1,253億ドルとなりました。
第四位は、収益額が970億ドルのAmazonです。37%の上昇が見られます。
第五位は、収益額が889億ドルのFacebookです。 ITブランドの中で、収益額が低下した唯一の企業です。具体的に言えば、去年に比べ同社の収益は6%低下しました。現在、Facebookの利用者数は約25億人ですが、個人情報保護を巡る不祥事やプライバシーポリシーや偽のニュースにより低下が発生しました。

IT業界外の企業のうち、収益が最も高い企業となっているのは第六位のCoca-Colaです。収
益額は3%上昇し、592億ドルとなりました。

第七位は、Samsung (531億ドル)で、第八位がDisney (522億ドル)、第九がToyota (446億ドル), 第十位がMcDonald’s企業 (438億ドル)となりました。

Join Japanが持っている情報によれば、トップ100企業の収益の総額は2.33兆ドルとなっており、昨年に比べ 8% 上昇したと言えます。

最も急激な上昇が見られるのは、収益が37%増加したAmazonをはじめとするテクノロジーブランドだそうです。他の事例としては、Netflix (+ 34%)やGoogle (+ 27%)、Adobe (+27%)などが挙げられます。

トップ100に入ったのは、56のアメリカの企業で11のドイツ企業、7のフランス企業と6の日本企業だそうです。結果的に16か国のブランドが入りました。

国際市場に進出したいあなたの夢を実現させましょう!弊社は、マーケティングやコンサルティングのサービスを提供しており、「ビジネス発展のために、グローバルなチャンスを最大活用する」というスローガンを掲げています。アジアやヨーロッパ、CIS諸国との密接な協力により、成功に導く新しい機会をご紹介します。 Forbesのランキングに入るような企業を目指してまいりましょう!